あのフジテレビの”球体”でeスポーツリーグ開催!「PMJL」の豪華スタジオに注目

2021.06.09

NTTドコモが主催する国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」では、バトルロイヤルシューティング『PUBG MOBILE』の国内プロリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」(以下、PMJL)を開催しています。

本リーグの会場となっているのは、なんとあのフジテレビの球体展望室。全16チームのブースが並ぶ豪華なスタジオで、選手たちが激戦を繰り広げています。

賞金総額3億円!国内最大級のeスポーツリーグ

PMJLは、『PUBG MOBILE』における国内初のプロリーグ。SEASON1では、賞金総額3億円と世界大会への出場権をかけて、16チームが年間を通したシーズンを戦い抜きます。

シーズンを通した優勝賞金は1億円。そのほか、日ごとのランキングで1位となったチームにはDAY WINNERとして賞金200万円が贈られるなど、さまざまな賞金が設定されています。

また、PMJLでは賞金だけにとどまらず、出場選手の最低年俸を保証。世界を目指す選手たちへのサポート体制を構築した、国内最大級のeスポーツリーグとなっています。

フジテレビ球体展望室のスタジオに選手64名が集結

PMJLの会場になっているのは、お台場のフジテレビ本社25階にある球体展望室。特設されたスタジオには、全16チームのロゴが装飾されたブースがずらりと並びます。

試合当日には、スタジオに16チーム64名の選手が集結。試合が始まると緊迫した声が飛び交い、白熱した戦いが繰り広げられます。(※新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言発令時は、オンラインにて試合を実施しています)

選手たちの一喜一憂する表情をリアルタイムに見られるのは、一堂に会して行われるオフライン大会ならでは。ひたむきに挑む選手たちの熱量が、大会配信を通して伝えられます。

9月からは後半戦にあたるPhase2がスタート!

PMJL SEASON1は、2つのPhaseに分かれ、計100試合を実施します。2021年2月13日に開幕した本リーグは、5月1日に前半戦にあたるPhase1が終了しました。

現在はPhase1とPhase2の間にあたり、PMJLに繋がるトーナメント形式のオープン大会「PUBG MOBILE OPEN TOURNAMENT」(PMOT)が行われています。

後半戦にあたるPhase2は、9月18日よりスタート。豪華スタジオから配信される大会の模様を、ぜひお見逃しなく!