このメンバーなら勝てると確信!世界大会に挑むSengoku Gamingの思い

2021.08.30

国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」の『Rainbow Six Siege』(以下、R6S)では、世界大会に出場しているチームを除いた上位1チームが世界大会への出場権を得られる大会「Rainbow Six Japan League 2021」(以下、RJL)が開催中です。

この記事では、RJLの第12節終了時点で、「APAC North入れ替え戦」への出場権を獲得したSengoku Gaming(以下、SG)メンバーへのインタビューをお届けします。

Sengoku Gaming

SGは「九州から世界へ」をスローガンに掲げたプロeスポーツチーム。

■R6S出場メンバー
・A1kyan
・Febar
・Norio
・Ramu
・ReyCyil
・Sironeko
・YahooN

メンバー詳細はこちら

APAC North入れ替え戦の出場権獲得は想定どおり

――APAC North入れ替え戦への出場権獲得おめでとうございます。RJLの第12節まで戦ってみていかがでしたか?

Sironeko:

僕はSGに加入したばかりで、第10節がデビュー戦でした。手がプルプルと震えてしまうほど緊張していましたが、がんばれたかなと思っています。プレイに点数をつけるなら、60点ぐらい(笑)。

Norio:

びっくりするほどうまく勝ち進めたなと感じています。

一方で、第9節のFAV Gaming戦ではチームの課題が見つかりました。その後、課題解決に向けてチームが一丸となって取り組むことができ、チームの結束力が高い状態を維持できたので、この結果を残せたのだと思います。

あと、僕が以前に所属していたCYCLOPS athlete gaming(以下、CAG)の選手はみんなうまくなっていると感じました。

Febar:

2位をしばらくキープできていますので、まずまずの結果だと考えています。

ただ、第12節まで無敗のCAG戦(第4節)と、第12節のGUTS Gaming(以下、GG)戦は苦戦を強いられました。

ReyCyil:

年に1回のチャンスなので、入れ替え戦への出場権を獲得できて嬉しいですし、このメンバーなら勝てると確信していました。

でも、第10節のEVA:e戦ではチームらしさや自分らしさを発揮できずに負けてしまったので、ちょっと悔やんでいます。

YahooN:

REJECT(以下、RC)と4ポイント差になったときは焦りましたが、第12節のGG戦で7ポイント差にまで離すことができ、出場権獲得できたのでホッとしてます。

ただ、無敗中のCAGにそろそろ敗北の味を教えたいですね。

A1kyan:

とにかく楽しかったです。特に、第7節のCrest Gaming Lst戦ではキルをたくさん取れて、チームを引っ張ることができたと思っています。

Ramu:

入れ替え戦への出場権を獲得でき、第12節で1試合に48キルと世界記録に迫る成績を残すことができているので、嬉しいのひと言に尽きます。

でも、入れ替え戦への出場が決まり、意識することが増えました。

入れ替え戦勝利は最低ライン!世界を意識するSG

――残りの2節と、APAC North入れ替え戦への意気込みをお願いします!

A1kyan:

2位の成績をキープできているので、残り2戦も勝ちたいです。ライバル視しているAnitun選手に負けたくないので、最終戦のCAG戦は絶対負けません!

入れ替え戦でもしっかりと勝って、このメンバーで世界大会に挑みたいです。

YahooN:

RJLでは、やはりCAGに負けを味わせたいですね。

入れ替え戦で勝つことは最低ラインであると考えているので、APAC Northでも1位を獲得できるようにがんばります。

Sironeko:

残りの2節もしっかり勝ちたいです。大会を通して、自身の成長とチームへの貢献ができるように全力を尽くします!

 

Febar:

残り2節で勝つことはもちろんですが、得られるものが多い試合にできたらなと思います。第13節では勢いのあるRCと戦えるので、学びを得ながら勝利を収めたいですね。

 

Ramu:

RJLはチームの課題を解決できるような意義のある試合にしたいと考えています。

本音を言うと、僕は過去に世界大会へ出場している身でもあるので、入れ替え戦は勝ちたいというか、負けるわけにはいきません。

Norio:

入れ替え戦を控えている状態で残り2節を戦うので、1つひとつのラウンドを大事にして、学びを得られるように戦いたいと思います。入れ替え戦では、SGの強みを活かして勝ちます!

ReyCyil:

僕は負けるのが嫌いなので、勢いのあるRCであろうと、無敗のCAGであろうと絶対に勝ちます。

そして、入れ替え戦でもしっかり勝ち抜いて、そのまま世界大会に出場し、世界大会における日本の最高記録であるベスト4以上の成績を残したいです。

今後、SGはより大きな舞台で熱中できるようなプレイをみなさんにお届けするので、応援よろしくお願いします!