【特集】eスポーツコーチを目指す人必見!ZETA DIVISION PUBG MOBILE部門コーチのtakomayo氏が語るコーチに必要な能力とは

2022.02.06

国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」では、PUBG MOBILEやRainbow Six  Siegeなどのリーグ大会が開催されています。

上記の2タイトルはどちらもチームを組んで戦うタイトルであるため、勝利するためにはチームワーク力や強力な戦略の立案などが重要になってきます。

そんなチームの助けになる役割を担当するのが、チーム専属のコーチです。

この記事では、ZETA DIVISIONのPUBG MOBILE部門でコーチをしている、takomayo氏に聞いた、eスポーツコーチに必要な能力や、コーチがチームのためにやるべきことなどをインタビュー形式でご紹介していきます。

takomayo

takomayo氏は、プロチームであるRascal JesterメンバーとしてPUBGの大会シーンの最前線で活躍した経験を持っており、公式大会の解説者として出演した経験を持っています。

丁寧な解説と愛嬌のある人柄が人気を集めており、多くのファンを抱えています。

ちなみに、takomayo氏の名前は、インターネットカフェで生放送の視聴中に、配信主から名前を教えてほしいと要求された際になんとなく決めたとのことです。

takomayo氏Twitter

どうすれば選手が成長できるかを考えるのがコーチの役割

――まずは、コーチにはどのような仕事があるかを教えていただけますか。

takomayo:
仕事はたくさんあるんですが、基本的には試合の様子を見て選手たちにアドバイスをしたり、月に何度かミーティングを行って選手やチームがするべきことを明確にしたりしていますね。
あとは、大会に同席して大会に関してのアドバイスやフィードバックを行っています。
ひと言でまとめると、コーチはチームを1つにまとめあげて、選手たち1人ひとりがどうすれば成長できるかを考える役割だと思います。

――選手の数だけアドバイスが必要だと考えると、かなり大変な仕事ですね。

takomayo:
そうですね、常にチームや選手がなにをすべきかを考えておく必要があるので、大変な仕事ではあります。
僕自身はいろんなことを考えることは好きなので、コーチの仕事をかなり楽しめてます。
それに、自分が教えたことを選手たちが実行して、大会で良い結果を残したときはやりがいを感じますね。

先を読む力と選手の感情や気持ちを考えて行動できる力が必要

――X-MOMENTを中心としてPUBG MOBILEの大会シーンの盛り上がりが加速していることもあり、プロチームだけでなく、アマチュアチームでもコーチを募集していることがあります。コーチはやろうと思えば、誰でもできるような仕事なのでしょうか?

takomayo:
うーん、本気でがんばってやればできてしまう可能性はあると思いますが、本当に誰でもできる仕事であるかどうかはわからないのが本音ですね。
他のゲームにはなくて、PUBG MOBILEだけにあるコーチの仕事は特に思いつかないので、コーチとして求められる能力は他のゲームと同じだと思います。

――コーチに求められる能力とは、具体的になんでしょうか?

takomayo:
先を読むことができる能力と、選手の感情や気持ちを考えて行動できる能力だと思います。

――チームの負けが続いてしまっているような、辛い場面でもがんばれる忍耐力も必要そうですね。

takomayo:
そうですね、ただ、僕にとって最も辛いのは選手の入れ替わりのタイミングなんですよ。
できるだけ辛いという感情を表に出さないようにはしていますが、人の人生を変えてしまう選択をすることに繋がるので、所属している選手が入れ替わるタイミングは辛いです。

――なるほど。

takomayo:
ただ、求められる能力はある程度わかっていますが、どんな性格やタイプの人がコーチに向いているかはわからないです。
いまのeスポーツチームのコーチにはいろんなタイプの人がいて、いろんなタイトルでさまざまな人がコーチとして活躍していますからね。

――では、これからeスポーツチームのコーチを目指すのであれば、どんなことに取組むべきでしょうか?

takomayo:
コーチを目指すのであれば、いろんなコーチの記事や動画をチェックするべきです。
実際に、僕は同じくZETA DIVISION所属で現在VALORANT部門のコーチであるXQQ氏の動画や、MOBAタイトルのコーチの記事を読んで参考にしていました。
そして、実際に行われている試合を見て、各チームがその動きをしている理由を考えたり、どうすればよりよくなるのかを考えたりできる力を身に着けるべきです。
この2つは、eスポーツチームのコーチを目指す上では外せないと考えています。

――最後に、これまでコーチをしていて最もうれしかったことを教えてください!

takomayo:
コーチとして行ったアメリカで、毎日ハンバーガーをたくさん食べられたことです!(笑)