賞金総額1,000万円のイベントをX-MOMENTが独占配信!有名ストリーマーらが集結した第2回 「R6 ロイヤルフラッシュ by X-MOMENT」

2022.03.03

国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」のRainbow Six Siege部門では、国内最高峰のリーグである「Rainbow Six Japan League 2021」を中心とした複数の大会が開催されています。
本タイトルを盛り上げるイベントの1つとして、2022年2月26日(土)に人気ストリーマーらが集結する、「R6 ロイヤルフラッシュ by X-MOMENT」が実施されました。
本イベントの初回にあたる「R6 ロイヤルフラッシュ」は2021年9月に実施され、最大同時接続者が合計で15万人を超えたこともあり、第2回となる本イベントは大きな注目を集めていました。
この記事では、イベントの概要や見どころ、イベントの様子などをお届けします。

豪華ストリーマーらが集まったR6 ロイヤルフラッシュ

R6 ロイヤルフラッシュは、プロゲーミングチームに所属する選手やバーチャルYouTuberなどの人気ストリーマーがゲストとして出演するイベントです。
本イベントでは、ストリーマー5名とコーチ1名で1つのチームを結成し、事前に2日間練習を行った上で試合を行う仕組みとなっています。

試合の詳細ルールは以下の画像のとおりです。

ゲームモードの設定で使用するMAPが事前に決められていることから、さまざまな戦術が展開されることが期待できます。

出演するゲストとチーム表は以下のとおりです。

■チームA:エクスキューショナー
・神成きゅぴ
・BobSappAim
・イブラヒム
・エクス・アルビオ
・白雪レイド
・コーチ:けんき

■チームB:ミーティング2分
・ローレン・イロアス
・小森めと
・するがモンキー
・一ノ瀬うるは
・えなこ
・コーチ:くれぱぴ

■チームC:わたぷりっ
・花芽なずな
・うるか
・常闇トワ
・橘ひなの
・胡桃のあ
・コーチ:メルトン

そして、上記の3チームに加えてなんと、各チームのコーチであるけんき氏、くれぱぴ氏、メルトン氏の計3名の特別チーム「俺たちぷりきゅあMAXハート成人男性三銃士もぎたてフレッシュキュアフープ100万を視聴者へ捧げよ☆~アラサーの本気仕立て~」が本イベントの総当たり戦に加わります。

本チームはチームA・B・Cと試合を行うものの、勝敗は順位に関係しないルールとなっています。

そして、本チームはプロ選手がメンバー入りしていることもあり、3名で戦わないといけないハンデに加えて、特別なハンデも用意されています。
具体的には、以下の4つの中からくじ引きとして各チームが大きなトランプを引いて、出たカードに書かれているハンデがコーチ陣チームに与えられます。

・A:建物内伏せのみ(ディフューザー設置時のみ立ちあり)
・K:メイン武器禁止
・Q:補強禁止+壁爆破行為禁止&意図的な穴あけ禁止
・J:アビリティ禁止

この中でも特に、AとQのハンデが厳しくて面白いとコメント欄が賑わっていました。
さらに、本チームが賞金を獲得した場合は、その金額分のプレゼントが配られるということもあり、コーチ陣チームを応援する声も多く見られました。
なお、チームA・B・Cの試合はメインの配信で行われ、コーチ陣チームの試合はサブの配信で公開されています。
なんと、サブ配信では選手のボイスチャットが聞こえるようになっていますので、試合をしている様子を視聴することができます。

メイン配信はこちら
サブ配信はこちら

激戦を制したエクスキューショナーが優勝!

試合では、初戦からエクスキューショナーが7-1でミーティング2分に勝利し、続くわたぷりっとの試合も7-5で制して見事に優勝を収めました。

各試合の結果は以下のとおりです。

2位のわたぷりっと、3位のミーティング2分の試合は延長戦に突入し、どちらが勝ってもおかしくない状況が続きました。
試合中にはミーティングの時間も設けられており、ゲストたちがどのようにして対戦チームに立ち向かったのかがわかるようになっていますので、気になる人はぜひ試合を視聴してみてください。

コーチ陣の試合も必見!補強禁止縛りでもエクスキューショナーに勝利

メインの配信と同時に進行していたサブ配信では、コーチ陣と各チームの試合が配信されています。
各チームが引いたハンデの結果は、以下のとおり。

・エクスキューショナー:補強禁止+壁爆破行為禁止&意図的な穴あけ禁止
・ミーティング2分:建物内伏せのみ(ディフューザー設置時のみ立ちあり)
・わたぷりっ:アビリティ禁止

なんと、コーチ陣は補強や壁爆破行為が禁止されながらも、エクスキューショナーに勝利しています。
実際の試合では、補強がされていない分、エクスキューショナーも本来とは異なる動きが求められていたようです。
この他の試合でも、アビリティを活かせなかったり、建物外から攻撃する姿が見られたりなど、コーチ陣が戦うサブ配信も必見の内容となっています。

(C) NTT DOCOMO, INC. All Rights Reserved.
(C) 2020 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.Tom Clancy’s, Rainbow Six, the Soldier Icon, Uplay, the Uplay logo, Ubi.com, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.